希少なラクトフェリンの比較

内臓脂肪を減らすために

ラクトフェリンは内臓脂肪を減らす研究データがいくつもあります。そのためメタボ対策として注目されている成分です。しかし、ただラクトフェリンを飲めば効果が得られるというわけではないため、内臓脂肪を減らす目的がある方は注意してみましょう。

 

【ライオンの研究】
ライオンからもラクトフェリンのサプリメントが売られていますが、研究に使われていたのはある特徴が見られています。それは腸まで届く加工を施されていることです。ラクトフェリンは胃酸で大部分が壊れてしまうため、ライオンは独自技術でコーティングしたラクトフェリンを使用しています。

 

これにより内臓脂肪の減り方が、平均12.8u減少したとしています。プラセボを利用し、ラクトフェリンが入っていないのに入っていると伝えた錠剤も使用しており、単なる気持ちの問題では無いことが確認されています。

 

確かにプラセボでも一時的に内臓脂肪が減るのですが、ラクトフェリンの効果は得られないため、その後大きな差が出ています。被験者は40代や50代などの人が利用され、確かに内臓脂肪の減少効果があることが認められました。

 

※ちゃんと内臓脂肪の減少効果を実感するには、腸まで届くラクトフェリンを利用することが大切です。

腸まで届くために

ラクトフェリンは胃酸に弱くなっているため、胃で溶けず腸まで届く加工がされてることが重要です。もし胃で溶けてしまうと、効果が落ちてしまうため健康や美容対策ができません。この胃で溶けず腸まで届く加工方法はさまざまなものがあります。

 

【コーティング】
例えばライオンが採用しているコーティング技術は、海草由来成分でラクトフェリンを包みこんでいます。海草由来のアルギニンという成分を使用しており、これにより胃で分解されることがなく、腸までラクトフェリンを届けることができます。

 

このコーティング技術はライオン独自の製法となるため、どのサプリメントでも使われているわけではありません。とくに製法が記載されていない商品もありますから、その場合は腸溶性のラクトフェリンであること確認してください。

 

ラクトフェリンは胃で溶けてしまうと、ほとんどが分解されてしまうといわれています。これでは腸まで成分を届けることはできませんから、特定の疾患の対策など効果を高めたい方は溶けにくいタイプを選びましょう。

 

ただし、胃で溶けたとしても飲んだ意味がまったく無くなるわけではありません。安価な商品を選びたい方や、便秘対策など手軽な健康食品として利用するなら、とくに気にする必要は無いかもしれません。

 

※できれば胃で溶けにくいラクトフェリンがおすすめ

 

ラクトフェリンの比較 

参照リンク

直ぐ効く商品に注意

ラクトフェリンは食品の一種ですから、サプリメントを飲んだからといって直ぐ効くとはいえません。特定の食品を食べたからといって病気が治らないのと同様に、ラクトフェリンもこれだけで病気が治ったり、?せたりするものではありません。

 

【飲む期間の目安】
あまり短期間で効くように勘違いするような商品は避けるのが無難です。注意書きに個人差があることや、長期間飲み続けて効果が得られやすいと記載されている商品がおすすめです。短期間で効くような誤解を受ける表現の仕方を使っていると、薬事法に触れることがあるからです。

 

服用の目安は、最低でも2ヶ月間飲み続けるのがおすすめです。なかには1ヶ月で効果を実感しやすい方もいます。ダイエット効果が短期間で得られた方の多くは、食事制限や適度な運動を組み合わせているケースが多くなっています。

 

健康食品ですからラクトフェリンの効果の出方はさまざまで、2ヶ月で感じる人もいれば、何ヶ月も継続して効果が見られない人もいます。少なくとも2ヶ月以内で服用を止めてしまうのはもったいないため、1〜2ヶ月以上は続けるつもりで利用してみてください。

 

※内臓脂肪が減る目安は8週間以上で、暴飲暴食をすると効果が得られにくくなります。

年齢別の選び方

ラクトフェリンサプリメントは基本的に大人向けに開発された商品が多くなっています。そのため大人用を子ども向けとして購入することはできません。しかし、ラクトフェリン自体は牛乳などの由来成分ですから、子どもに飲ませても副作用が出ることはありません。

 

【喉につまらない工夫を】
一般的に大人用サプリメントは、大人の喉にも通るサイズでつくられており、子どもが飲むと喉に詰まられる恐れがあります。本来は子ども向けサプリを買うべきですが、子ども用ラクトフェリンサプリが手に入りにくい場合は、大人用サプリを代用する方もいます。

 

その場合はサプリの大きさには注意するようにしましょう。あくまでも自己判断で使用することになり、喉の細い子どもは避けるのが無難です。

 

子どもでも乳幼児の場合は、粉ミルクやフォローアップミルクなどで、ラクトフェリンが配合されている商品を選ぶことができます。このほうが子どもも飲みやすく、栄養補給にも繋がるため良いのではないでしょうか。

 

ミルクを卒業した年令では、ラクトフェリン入りのヨーグルトを活用したり、粉末や顆粒状のラクトフェリンを利用する方法もあります。粉末だと飲む量が調節しやすく、子どものお腹の緩さにあわせて量を変えられるメリットがあります。

 

※子どもは喉つまりに注意しよう

 

男ラクトフェリンサプリの効果